高校のカリキュラムを通信教育で

男女

通信制高校は、高校のカリキュラムを通信教育で行うものです。一般的な全日制高校は平日に学校に通学しなければなりません。しかし、通信制高校であれば平日全て通学する必要がなく、週一回であったり月一回の登校だけでよいところがあります。勉強の方法も大学のように単位制ですので、この単位を取得すれば卒業を認められます。勉強法も自分のペースで進められるというのが魅力です。レポートの提出もインターネットで済みますので、通学するという概念が無いに等しいです。また、単位制ですので時間割通りに授業を進めていく全日制の高校と違い、中間試験や期末試験で赤点だらけで留年になるという事がありません。そして、最大の魅力は通信制の高校は単位制であるため国から就学支援金が支給され、年額にすると12万円支給されて、その分授業料から減額されます。この減額された年間の授業料は公立の全日制の高校より若干高くなる程度です。最も私立の全日制高校よりは断然安くなりますので、家計が苦しく時間がない人にとりまして通信制高校は使いやすいです。現在では公立や私立の通信制高校があり、これらは全国各地にあります。現住所と関係なく学校を選択することが出来るというのも魅力の一つです。全日制同様に自分に見合った学校を選ぶこともできますが、全日制ですので全国各地の学校を選択できるという楽しみがあります。

不登校から働いている人まで

授業

通信制高校に通う人は多種多様います。通学する必要がありませんので、最も多いのが不登校だった人たちです。このパターンの人たちが通信制高校に編入して改めて高校のカリキュラムを学んでいます。通学する必要がないというのが選ばれている理由だといえます。次に芸能活動や働いていて、通学する時間がない人たちも利用とています。自主学習に近いですので、空いた時間に学ぶ事が出来るので自分のペースで進めることができます。そのため、芸能人では通信制高校卒業の人が多いです。

入学する時期は四月とは限らない

授業

通信制高校は、四月入学と十月入学が多いです。しかし、実際のところは通信制高校は随時受け入れていますので、現在通学している全日制の高校を中退してもすぐに編入することが出来ます。この通信制高校は、義務教育をきちんと修了していれば誰でも入学することができますので、初めから通信制高校に入学するという事も出来ます。クラブ活動も学校によっては全日制の高校同様に存在していますので、クラブ活動を通じて自分と同じ悩みを持った人と気持ちを分かち合うことが出来ます。

広告募集中